先頭へ

























  塗装について

塗装に関するご質問をQ&A方式で紹介しています。

Q1.オイル塗装、ウレタン塗装、セラウッド塗装、どの塗装が良いですか?

A1. それぞれに特性がございますので、
お客さまの環境・好みによってお選び頂ければと思います。


オイル塗装とは、自然の植物油を主成分とした浸透性の塗料を使い、しっとりとした凹凸のある天然木の質感が、そのまま感じられる塗装方法です。

ウレタン塗装とは、オイル塗装とは違い、木材の表面に塗膜をつくりますので、なめらかな手触りが感じられます。また、油・水などの汚れから木を守り、清潔な状態を維持する塗装方法です。

セラウッド塗装とは、木の質感や手触りを損なわない、オイル塗装に近い仕上がりです。
また、従来のウレタン塗装よりも油・水などの汚れに強い塗装方法です。


Q2.塗料の人への影響について

A2. オイル塗装の塗料は、毒性のある成分を精製して取り除いた自然の植物油を主成分としていますので、人体への影響はございません。
また、ウレタン塗装・セラウッド塗装の塗料につきましても、化学系の塗料ですが木の風合いを損なわず、ホルムアルデヒドはもちろん、シックハウスの原因とされる物質を含まない環境にやさしい塗料を使用しておりますので、ご安心下さい。




Q3.お手入れ方法について

A3. オイル塗装商品の普段のお手入れ方法としましては、固く絞ったふきんでホコリなどを取り除いてから、乾いたふきんで水分を拭き取って頂ければ大丈夫です。
なお、アルコールの入った除菌液などを使用されますと、オイル塗装が溶けてしまう可能性がございますので、ご使用はおやめ下さい。
シミや浅いキズなどが付いた場合は、サンドペーパーで木目に沿って一定の方向に目立たなくなるまで擦って頂き、やわらかい布でオイルを塗れば元通りの状態になります。
詳しくはコチラをご覧下さい。

ウレタン塗装の普段のお手入れ方法としましては、オイル塗装商品と同じで、固く絞ったふきんでホコリなどを取り除き、乾いたふきんで水分を拭き取って頂ければ大丈夫です。

セラウッド塗装商品の普段のお手入れ方法としましては、輪染みなどの心配がない為、固く絞ったふきんでサッと拭いて頂くだけで大丈夫です。
※その後、一度乾拭きして頂くとさらにきれいな状態が保てます。


※ 木蔵で取り扱う商品には、科学ぞうきんを使用しないで下さい。


Q4.「小さいこどもがいるのですが、どの塗装がいいのでしょうか?」

A4. 結論から言いますと、やはりお客さまの好みによって、変わってきます。
小さいお子様がいらっしゃるご家庭の場合は、食べこぼしの油シミや小さな凹みキズ・擦りキズは、商品をお使い頂く中でどうしても避けることが出来ません。

ですが、「Q3」でも記載しました様に、オイル塗装ですと汚れやキズが付いた場合、サンドペーパーでその箇所を擦ってオイルを塗って頂きますと、お客さまの手で元通りの状態に直すことが出来ます。
ウレタン塗装、セラウッド塗装ですと、汚れやキズが付きにくくなっていますので、ご使用中にご心配頂かなくても大丈夫です。

また、両塗装ともに人体に影響がございませんので、ご検討頂いた上でお客様がご使用しやすい方をお選び頂ければと思います。

※ウレタン塗装、セラウッド塗装商品の場合、キズに対するご家庭でのメンテナンスは大変
  難しいです。ウレタン塗装商品でメンテナンスをご希望の場合は、Q5の「ウレタン塗装商品
  のメンテナンスは?」をご一読下さい。
  セラウッド塗装商品でメンテナンスをご希望の場合は、Q6の「セラウッド塗装商品のメンテ
  ナンスは?」をご一読下さい。



Q5.ウレタン塗装商品のメンテナンスは?

A5. 普段のお手入れは、「Q3」にも記載しました様に、固く絞ったふきんでホコリを拭き取り、その後に水分を拭き取って頂ければ良いのですが、もしキズ等が付いてしまった場合は、ご家庭でのメンテナンスが大変難しいので、ご面倒ですが一度木蔵にお送り頂いて、製作工場の方で修復をさせて頂きます。


Q6.セラウッド塗装商品のメンテナンスは?

A6. 普段のお手入れは、「Q3」にも記載しました様に、固く絞ったふきんサッと拭いて頂ければ良いのですが、もしキズ等が付いてしまった場合は、ご家庭でのメンテナンスが大変難しいので、ご面倒ですが一度木蔵にお送り頂いて、製作工場の方で修復をさせて頂きます。


Q7.オイル仕上げ商品の注意点やコツなどありますか?

A7. オイル仕上げのテーブルの場合、冷たい缶ジュース・ビールやコップ等を、そのままテーブルの上に長時間置かれますと、水滴によって輪ジミ等の原因になりますので、直接置かないで出来るだけコースター等をご利用下さい。
また、アルコールの入った除菌液などを使用した場合、 オイル塗装が溶けてしまう可能性がございますので、ご使用はおやめ下さい。
※もし、シミになってしまった場合でも、簡単にメンテナンスが出来ます。
※特に、使い始めの3ヶ月間は、出来る限り慎重にお使い下さい。(オイルは時間が経つと、
  硬化して強くなります)


Q8.オイル塗装商品に使用されているオイルは?

A8. 木蔵で取り扱っている、オイル塗装商品に使用されているオイルは、精製する事により人体に影響のある成分を取り除いた植物油でつくられています。
また、溶剤にはドイツ薬局方適合の、皮膚や粘膜などに可能な限り刺激の少ないタイプのものを使用し、顔料や乾燥促進剤には、重金属を一切含んでいないもののみを配合しています。
塗装後の乾燥した塗面も、ヨーロッパ玩具安全基準に合格しています。




セラウッド塗装


セラウッド塗装
セラウッド塗装




セラウッド塗装



セラウッド塗装







オイル仕上げ商品のメンテナンス方法

【オイル仕上げ商品のメンテナンス方法】

オイルメンテナンスとは、家具を長くお使いいただくと、小さな傷やペンの後がついてしまうことがあります。そういった傷や汚れは、メンテナンスをきちんとすれば、新品同様に生まれ変わります。
ですから、お客様にきれいな状態でいつまでもお使いいただくために、オイルメンテナンスのご紹介をいたします。

※オイル使用上の注意
オイルは自然発火のおそれがあるため、オイルを塗る際に使用した布はすぐに焼却していただくか、水につけて処分してください。


【オイルメンテナンスについて】
このテーブルは、一年ほど使用していますので、
水などのしみ・ボールペンのインク等が付いています。このテーブルを例にして、
オイル仕上げ商品のメンテナンス方法をご紹介いたします。

今回用意したもの
サンドペーパーを固定する道具。ホームセンターにて¥1,800ぐらいで売られています。
地域により値段の違いはございます。
平らな角材にサンドペーパーを巻くと使いやすくなります。ホームセンターにて¥50ぐらいで売られています。
地域により値段の違いはございます。


(1) サンドペーパー#320(ホームセンターなどにあります。値段:¥60ぐらい)で
表面を木目にそって一定の方向に磨いてください。



(2) 磨いて出てきた木くずは、きれいに拭き取って下さい。
(木くずの拭き取りとオイルを塗る時に使った布「ウエス」、
ホームセンターなどにあります。値段:一袋¥400ぐらい)
ご不要の布キレでもかまいません。
ここまでの所要時間:約5分



(3) オイルを柔らかい布に含ませて、
サンドペーパーで磨いた部分に塗ってください。



(4) オイルを塗り終わったら、
すぐに柔らかい布で拭き取ってください。



(5) (3)〜(4)の作業を2〜3回行ってください。
(3)〜(5)までの所要時間:約10分



(6) 12時間ほど乾かしてください。










SSL GMOグローバルサインのサイトシール